北欧スウェーデン製バッグ 『HildaHilda(ヒルダヒルダ)』 公式オンラインショップ
 
送料とお支払い方法について | 個人情報の取り扱いについて | 特定商取引法に基づく表示

いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > ヒルダヒルダとは?



HildaHildaはテキスタイルデザイナー兼エンジニアのLott Hildebrandが1995年にスウェーデンのストックホルムに設立しました。

その後 義理の妹であるGabriella Hildebrandがセールスとマーケティングの分野で2007年より協力することになり今日に至ります。

特徴であるユニークで大らかなデザインは、常にLottのフィーリングや直感に従って制作されています。

Lottのコンセプトは“トレンドであること" や所謂成功するための秘訣といったことにまったく囚われることなく、そのときどきに自分自身が何を感じたのか、何を描きたいのかをベースに制作をおこなうこと。彼女の創作意欲が掻き立てられるものは主に「自然」「テクノロジー」「ストックホルムのシティ・ライフ」ですが、この”ハード"と”ソフト"の微妙なミックスから HildaHildaの遊び心溢れる、素朴な、そして時にはまるで子供が描いたような純真なモチーフ、デザインが生まれます。







Lott Hildebrand
(photo by M.Nordmeyer)


Lott Hildebrandは、スウェーデンのルンドで土木技師になるための勉強中に製織の世界を知る。ファブリックの世界をより探求するため、大学で1年間のサバティカルリーブを取得し、デンマークのカッターズ・アカデミーに学び、スウェーデンのOelandでいつくかの織物クラスに参加する。
こうして本格的にテキスタイル・エンジニアになるべくスウェーデンのBoras大学内のSwedishSchool of Texitilesで製織を学ぶ。1994年、Hilda Hildaを設立する1年前に、テキスタイル・エンジニアの修士号取得のプロジェクトとしてのカラージャガード織りを始める。HildaHildaのフ ァブリックは、この時からLott Hildebrand独自のテクニックで製織されている。




Gabriella Hildebrand
(photo by M.Nordmeyer)
Gabriella Hildebrandは、携帯電話などの最先端デジタルメディア業界でマーケティングコンサルタント助手として従事し、デンマークのダイムラー・クライスラー社などに勤務した後、自身の起業家的センスをいかしたいという夢とHilda Hildaの製品とそのデザインをより多くの人へ紹介したいという夢のもとに、義理の姉妹でもあるLottとGabriellaは2007年の暮れから互いに協力しあうこととなった。





13世紀に築かれたストックホルムの旧市街ガムラスタンには17世紀に建てられた建物が今でも立ち並び、中世の面影を残す古い街特有の小道や脇道沿いに魅力的なギャラリーやお店があります。

HildaHildaのストックホルム本店はそんな街並みの一角にある古い建物の1階(地上階)にあります。古い建物の小さなひと部屋の造作をそのまま利用したお店に入ると、そこにはLottのデザインしたユニークで愛らしいモチーフを使った様々なテキスタイル製品が作り出すHildaHildaの世界が展開しています。







スウェーデンの南東にあるバルト海に面した小さな町(シーヴィック)にあります。シーヴィックは避暑地としても有名ですが、もともとは漁師町でもあり、りんごが特産品です。

HildaHildaは毎年、イースター時期の数日間と夏季(6月中旬〜8月末頃)にこの小さな町にもお店をオープンします。お店から徒歩5分くらいで美しい海岸に出られます。 隣の建物内の小部屋にHildaHilda製品を縫製している小さなアトリエもあります。






facebook はこちら

HildaHildaの魅力は柄!
コラム

バッグ


小物・雑貨


キッチン・テーブル


ヒルダヒルダって?

ブランドヒストリーやスウェーデンのショップもご紹介(⇒)



ギフト包装無料

ご希望の際には無料でギフト包装を承ります。(写真はイメージです)


イベント・店舗情報(⇒)